トライ式高等学院で、引きこもりから高校卒業できました。





引きこもりになってしまいました。

高校に入学してすぐくらいから学校に行かなくなり、そのまま引きこもりになってしまいました。 親はあまり厳しい事を言わず、少しなら休んでも構わない、と言ってくれていたのでそうしていましたが、毎日家にいるのもだんだん飽きてきて、最後の方には学校に行きたくなっていました。 でも前のところに戻るのは嫌だったのでいろいろ調べていたら、高校卒業の資格が取れるサポート校というものがあると知りました。 学校に行くのは最低限でよくて、通信でも勉強ができるというシステムも知って、これは良さそうだなと思いました。

トライ式高等学院
進路探索ナビ

学校に行く日数が自分で選べる

学校をやめて引きこもりになってから1年くらい経っていたので、わたし的にはそろそろという感じでした。 検討した結果、トライ式高等学院が良さそうだなという結論に達して、入学しました。 わたしは学校に通いたかったですが、毎日行くのはちょっと苦痛だなと思っていたので、この学校のシステムが合っていました。 一週間のうちに学校に行く日数が自分で選べて、残りは通信で学ぶなど、好きなスタイルで勉強ができます。 また途中で嫌になったらどうしようと不安がありましたが、このシステムのおかげで最後まで続ける事ができました。 一度引きこもりになったわたしにとって、学校での人間関係も不安のひとつでしたが、こちらも大丈夫でした。 まず、授業が先生と一対一なので、人のペースに合わせた結果面白くなくなったり、その人に対してイライラする事もありませんでした。 わたしたち生徒の学校生活をサポートしてくれる専門の先生もいて、話をたくさん聞いてくれて、おしゃべりもたくさんしてくれました。前の高校では先生とは話をする事があまりできなくて、ただ怒られたりして悲しい思いをする事も多かったので最初はちょっと怖かったですが、トライ式高等学院の先生たちはみんな本当に優しくて、面白い人ばかりだったので、毎日先生たちに会うのも楽しみでした。 学校の友達と話すのも、先生たちと話すのも楽しかったです。

次のページ⇒学校に行けなくて家で悩んでいる人は

ホーム